世界のどこにいても私らしく輝ける自分になる | ドイツ在住

81歳でも世界を旅し、 文章をつづるバイタリティ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

fullsizerender

日曜日の朝、
偶然カフェで
隣に座った
おじいちゃん。

中国人かい?
と聞かれて

いいや、
わたしは日本人だよ

と笑って返した
ことから

壮大な人生の
物語を聞かせて
くれた。

54歳で仕事をやめ
以来、ずっと旅人&
ライター。

ドイツのミュンヘン
から中国の北京まで

 

列車やバスを乗り継いで
43日かけて旅したこと

 

アジアが好きで
インド、パキスタン、
ウズベキスタン、
中国をはじめ

 

各国を旅し、
かたわらで
大学に通い

 

宗教、哲学
文化、政治の
講義に若い学生に
まじって聴講して
きた。

 

「わたしとっては
本を読むことや
旅にでることの
ほうのが、

 

家でテレビを
じっとみてるより
自然なだけだよ」

 

とほほえむ
おじいちゃん
のまなざしは、
温かく優しい。

 

多様な世界に
触れてきたから
こその柔らかな
ものごしで

 

最後にこんな
ことばをプレゼント
してくれた。

 
少しだけ
ポジティブに
考えればいい。
そうしたら
年だからって
こもったり
しなくなるさ。
そして
たくさん旅を
しなさい。
経験だけは
失われないから。
ボンという街に
暮らし、

 

たまたま
滞在中だった
わたしの住む街の
カフェで

 

偶然にも

時間をともにできた。

 

手紙を書くねと
言って、
ぬくもりのある
手と握手した。
出会いひとつで
その国をずっと
好きになる。
おじいちゃん
Dankeschön!!

世界で好きなことを仕事にする人たちの関連記事

人気の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 
世界のどこにいても私らしく輝ける自分になる | ドイツ在住