Day10 自分の才能は他人が知っている?カンボジアのハーブを使用したbodiaとの出会い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

カンボジアのシェムリアップ空港で、わたしはナチュラルプロダクトの香りを嗅ぎながら、集中してお土産を選んでいた。

その様子を見た夫は、一言

「もう、何やりたいか、すでにわかってるんじゃん」

「え?何が?」

「香りのプロダクトをカンボジアで作ったら?」

一言も夫と話すことなく、シェムリアップの空港で40分近くナチュラルプロダクトの売り場を動かなかった私を見て、悟ったという。

IMG_4994

実は、そのナチュラルプロダクトを手に取ったのは偶然で、香りを嗅いだ瞬間に結びついた。その香りは、昨日まで泊まってたアンコールワットにほど近い村にある「The Beige」のホテルのアメニティーとして使われていたシャンプー、コンディショナー、ボディーソープだったのだ。

IMG_4995

私の癖は、香りを嗅ぐこと。無意識に香りを嗅いで好きな香り、肌に合わない香りを判断している。イギリスでIFPA認定のアロマセラピーを学び、香りを嗅いだときに、原料は何か?というのがある程度、嗅ぎ分けられるようになったことから、以前にも増して、プロダクトを選ぶとき、とにかくまず嗅いでしまう。

この旅で、カンボジアで宿泊したThe Beigeは、かつてフランスの植民地だった一帯がIndo- China(インドと中国の間にある国々)と呼ばれていた時代、その地域を旅しながら調査に勤しむ考古学者が泊まるテントの世界観をイメージして、建物からインテリアまで統一されて作られたオーナーの夢の宿泊施設。

62198403_10215044884824075_8099098050011594752_o

それは、シェムリアップの大自然のジャングルの中にあるホテルらしく、自然との調和や共生を感じれるようなテント作りでお部屋になっていたり、落ち着いてリラックスできる上質な空間でありながら、遊牧民のように移動して、冒険が好きな世界を旅する人たちの好奇心をくすぐるような体験も用意されている。

61357615_10215044888784174_4605400866365636608_o

象と触れ合う体験は、実はタイに住んでいた頃から、ずっと避けていた。どこか、人間に合わせて無理やり連れてこられているようで。TheBeigeに朝の30分だけやってくるこの象は、カンボジアのある村の村長さんからお借りしているという。村長さんと信頼関係を築くためにホテルのスタッフが3ヶ月間、村で共同生活を送り、徐々に許しがでたという象は、この近くの森に住んでいて、比較的、涼しい朝にだけ、ホテルまで散歩をしに来てくれる。皮膚を触らせてくれたが、すごく硬くて、目は、穏やかで優しい。スタッフの人いわく、こんなに大きいのに、近くにいる水牛を怖がるし、アリも耳に入ってこられるのが嫌で、怖がるんだよと笑っていた。

TheBeigeのオーナーは、日本人の方で、もともとカンボジアのNPOに長く携わっておられたそう。持続可能な支援を続けていくには、やはり日本からの「支援」だけに頼っていては限界がある。そこで、自分自身の理想の世界観を表現するホテル業というビジネスを立ち上げ、それによって、産業がない村の雇用を生みだす取り組みをはじめた。

ホテルをする前には、様々な失敗を繰り返し、土地を探し、条件が合わず、一度はもうダメかと諦めるまで追い詰められたという。でも、ここで諦めたらおしまいだと、最後に訪れた場所がこの村だった。そして、現在、およそ60名の村の若い女性や男性がホテルで働いてる。

一番、近くでお世話になったスタッフの彼女は、村の出身ではなく首都、プノンペンから来ていて、ここにきた理由を聞くと、

プノンペンは、too busy. 忙しくて、みんなゆっくりすることを忘れているよう。私は、自然が好きだし、リラックスして仕事ができる環境が好きなの。

そうだね、人と人がゆっくり話す時間さえ、ないように感じるのは、私も寂しく思う。

 

カンボジアに来る前は、カンボジアって、田舎とばかり思っていた。正直、プノンペンで暮らしていても、忙しすぎると感じるんだと驚いた。

自分の心に素直に動いたんだなと彼女の横顔を見て感じていた。

ホテルで一番、気になったもの

話が逸れてしまったが、このThe Beigeで私が最も興味をそそられたのが、セラドン焼きを思わせる陶器の中にはいったシャンプをはじめとするアメニティーだった。

テントの中にあるシャワー室は、お湯を浴びればその水は、大地に吸収されていく。

まじまじとその様子を眺めながら、毎日こうして使うシャンプーは、水と混じり大地に流れていく。天然素材から作られ、自然に還るものであることはより大事なことのように、その体験は私に教えてくれた。

瓶から、注意深くシャンプーを取り出し、香りを嗅ぐ。ライムのような柑橘の中に少し甘みのある香り。ほっとした。これは、ナチュラルなプロダクトだ。

いろいろな国を旅する中で、それはどんなグレードのホテルであっても、アメニティーに満足することが皆無だった。

プラスッチク容器にはいった強い香りを嗅ぐたびに、どうして、これだけステキなホテルなのに、こんなに臭いがきつくて洗浄成分も強くすぎるものを使うのだろう?と疑問に感じていた。

The Beigeでの香りの体験は、素晴らしく、カンボジアでもナチュラルプロダクトがあるのかと疑問に思い、自分たちでブレンドして作っているのですか?とホテルの方に聞いてみると、街中でフランス人の方がオーナーのスパから卸してもらっているという。

えー、そうなんですね。と感心ながらも、ブランドネームをその時は聞くまでには至らなかった。まさか、その製品が空港で手にした商品と同じだと知るのは、たいていナチュラルと歌っているプロダクトを見ると、蓋を開けて中身の匂いを嗅がないとすまない例の癖のせいだ。

香りを嗅いだ瞬間に、ピン!ときた。これだ。ホテルで使っていたのは。なんせホテルで滞在中、プラスッチクのものを一度も目にしなかった。天然の素材である木、コットン、竹などの素材以外、置いていない。

当然、シャンプーやコンディショナーがはいった容器も、よくある小分けされたプラスッチク容器のものではなく、マーケットで売られているようなセラドンの薄緑の瓶。ロゴやブランド名の手がかりもなかった。けれど、空港で手にしたプロダクトは、香りと色が、そのまま使っていたのと同じだった。

8つほど、家族や友達に購入し、興奮しながら原料を見る。製品の成分を見るのも、癖である。

IMG_4997

案外とシンブルだ。作れるのか?

心に思い浮かんだことは、「でも、作ったことがないからな・・」「でも、そんなことができたら面白いに違いない」という直感だった。

夜に飛び立つ飛行機の中で、妄想をはじめた。もし、カンボジアで私がプロダクトを作り、その製品が世界中の人たちが毎日使う瞬間に幸せな気持ちなるような香りや使い心地を提供できたら?とイメージしてみた。

小さなLaboをつくり、美しい大自然があるカンボジアのハーブを配合し、頭皮にも地球にも、そして持続可能な世界を作る一員になれたら。

バンコクに着くまでの1時間のフライトでは、ビジョンが次々と展開し、大きく広がっていくのを感じた。

少しふわふわした気持ちではあるが、不思議とうまくいくような気持ちが同居して、このシンクロニシティに静かな喜びを感じていた。

八ヶ岳で2daysワークショップを開催

夏の八ヶ岳に遊びに来ませんか?

  • 2019年7月27日(土)13時から20時(予定)
  • 2019年7月28日(日)09時から16時(予定)

長野県の八ヶ岳の麓に移住して6ヶ月が経ちました。空気と水、そして山々が美しいこの場所で、夏の二日間合宿(八ヶ岳の麓で一泊)でワークショップを開催します。自分を見つめ、自分を知り、自分らしく生きることの楽しみと喜びをみんなで一緒に発掘します。

定員は、5名。講師は、中川知香と中川正道が担当します。

詳細は下記、メルマガにて先行でご案内します。

募集は6月末を予定しています。

 

■無料メール講座

10倍やりたいことが広がり、世界のどこにいても輝く7つの秘訣

http://global-chika.com/201710mail

あなたが、世界を遊び場に働いてみたい、暮らしてみたいという想いがある方で、

  • 語学力に自信がないから、海外に行くことを先延ばしにしている
  • 海外で、自分の力が通用するか不安がある
  • 海外で、自分の挑戦したいことを実現するための道筋が描けない
  • 今の仕事を捨ててまで、挑戦する意味があるのか確信がもてない
  • 年齢的に決断した方がいいとわかっていても、決断できない
  • 本当にやりたいことが、はっきりとわからない。
  • このままだと人生を後悔すると感じている。

これらの思いをお持ちでしたら、

このメール講座はきっとあなたのお役に立つ 内容となると思います。

「7つのステップ」にわけて、メールセミナー形式でお届けします。

▼▼▼クリックして登録する!▼▼▼

http://global-chika.com/201710mail

■中川知香

1982年滋賀県生まれ。

TOKiiRO-時色株式会社取締役

「世界で美しく生きるフィロソフィー」主宰。

幼い頃から、海外が大好きで、訪れた国は、37カ国60都市以上にのぼる。

どん底サラリーマン時代に、外国人メンターとの出会いにより人生が大きく変わる。

東証一部上場企業の営業職を経て、タイ王国を代表する企業、タイ国際航空へ転職。

バンコクからドイツへ。世界98カ国、274都市に就航する欧州メガキャリアであるルフトハンザドイツ航空を経て独立。

通算3カ国10年暮らし、4ヶ国語(英独中泰)を取得。
イギリスでアロマセラピーを学び、IFPA認定アロマセラピスト取得。

ドイツのオーガニックコスメ好きがこうじてドイツへ移住。精油の産地、チュニジア、ブルガリア、シチリア等を巡る旅をする。

一度の人生を心から楽しむ人が増えたなら「世界は、もっと温かく幸せあふれる」を理念に活動。

2017年に日本へ帰国し、夫ともに「人生の時を彩る体験をつくる」ことをミッションに「時色株式会社」を設立。

夫のライフワークである四川フェスPJの企画・広報・運営にたずさわり、2019年東京で開催された四川フェスは、二日間で異例の10万人以上の来場者を記録。目覚ましテレビをはじめ、東京新聞など100社のメディアで報道される。

世界中の人々と仕事をし1万人以上の外国人の方と接してきた経験を活かし、世界を舞台に自分の夢を叶える仲間を応援するコンサルティングサービス「世界で美しく生きるフィロソフィー」を主宰するなど、世界レベルで自己実現をサポート。

個人の内面に眠る可能性を発掘し、ワクワクするビションを明確に描くコーチングセッションと世界中の成功者が実践する成功哲学をベースにしたコンサルティングセッションを組み合わせることで、最高の効果をだすことを得意とする。

個人の成功と幸せのために能力と可能性を最大限に引き出すことがひいていは、世界の平和と幸せにつながると信じている。

現在、これまで夫婦で各国で仕事をしてきた経験を活かし、「大好きな人と世界を遊び場に生きる方法」を執筆中。2019年夏に書肆侃々房より全国書店で出版予定。

■取得資格

  • 中学校教諭一種免許状(英語)
  • 高等学校教諭一種免許状(英語)
  • 日本語教師養成講座420時間修了
  • Practitioner of NLP Coaching
  • Practitioner of Neuro Linguistic Programing
  • Practitioner of Time Line Therapy
  • Master Practitioner of NLP Coaching
  • Master Practitioner of Neuro Linguistic Programing
  • Master Practitioner of Time Line Therapy
  • IFPA認定国際プロフェッショナルアロマセラピスト
  • TOEIC 830点
  • ドイツ語B2 Level
  • HSK6級(中国語)
  • 初級システムアドミニストレータ
  • ジュニア野菜ソムリエ
  • 秘書検定2級

日本でどん底サラリーマンから、世界で好きな仕事をしながら自分らしく生きるようになるまで、実際、どんなことをやったのか?

そのノウハウを「7つのステップ」にわけて、メールセミナー形式でお届けします。

▼メルマガを無料で購読する!▼

http://global-chika.com/201710mail

この7つのステップを読み込むことだけでも、 大好きな海外でも、

自分らしく輝くライフスタイルを手にいれる未来を描けるようになります。

*世界で美しく生きるフィロソフィー・

コンサルティングについて*

体験・個人コンサルティングへ、

たくさんのお問い合わせをいただき

ありがとうございます。

おかげさまで、現在満席です。

先行して案内をお受け取りになりたい方は、

メルマガの登録をお願いいたします。

↓↓↓↓↓

いますぐ、無料で登録する

世界のどこにいても輝く自分になる7つの秘訣

 

カンボジアへの旅の関連記事

人気の記事