世界のどこにいても私らしく輝ける自分になる | ドイツ在住

香りのルーツを求めて。ギリシャのアテネへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、世界で美しく生きるフィロソフィー主宰

中川チカです。

IMG_8761

 

ここ数年、なぜか、心が惹かれていたギリシャ。

それも、アテネという街に行ってみたかったのには、

こんな理由があります。

 

アロマセラピーを学ぶうちに、

香りの抽出の技術で偉大な発見である蒸留技術は、

古代ギリシャにあるということを知ったから。

 

FullSizeRender 274

紀元前3500年頃には、

花弁や葉から香料を集めるために

原始的な形式の蒸留装置が使われていた

形跡が残っているそうで、

 

また世紀初頭(約2000年前)の

ギリシャの錬金術の書物には

当時の典型的な蒸留器が図示されています。

 

 

植物の香りは、ずっと昔から人々とともにあった

FullSizeRender 277

アロマセラピー(芳香治療)という補助医療の確立は、

近年になってから。

 

 

しかし、実は、植物の芳香は、ずっと昔から、

人々の暮らしを支えるものだったのですね^^
ギリシャ神話では、

香料を初めて用いたのは神々だとされています。

(今、ギリシャ神話にとっても興味があります。

かつては、多神教だったんだなぁと)

 

 

現代西洋医学の基礎は

古代の、ローマやギリシャ地方を中心とした国々。

 

医学の祖 ヒポクラテスは、

アテネの町を芳香植物をいぶすことで

ペストから救ったという話があります。

 

FullSizeRender 259

英国で学んでいたときの教科書に、印象的な絵があります。これは、17世紀、医師はペストにかかった人に接する時、口元に、殺菌作用の強いシナモンやクローブなどのハーブの香りを含ませたものを装着していたそうです。

 

 

というわけで、

香りのルーツを体感してみたいという思い、

 

そして、ギリシャ神話に登場する、

オリュンポス十二神の一人であり、

美と知と勇を兼ね揃えた女神

アテナイは、

 

 

実は、(現在のギリシャの首都アテネ)

の守護神である。

 

ということを知ってから、

もう、アテネには、行くしかない(笑)

という気持ちでした。

 

このブログを読んでくださっている

あなたも、誘われるようにして、

ある国になぜか、とっても行きたくなること、

ありませんか?^^

 

 

わたしにとって、アロマセラピーは、

毎日の生活の中で欠かせないものになりました。

 

 

香りを肌にまとう瞬間、

世界の大地からのエネルギーを得ているような

幸せな気持ちになる。

 

人が豊かに幸せに生きること知恵を

学ぶことは、誰い言われるわけでもなく、

ずっと好きでやってきたこと。

 

 

視覚、聴覚、味覚が忙しい現代だからこそ、

「香り」という「嗅覚」から、人々が安らぎや癒しを得る

ことは、これから、もっともっと大切になると考えています。

 

 

人が豊かに幸せに生きること知恵を

世界中から集めること、

 

そして、その要素の一つとして、

香りのルーツをめぐることは、

わたしのライフワークになる予感がしています。

 

img_7932

 

世界で輝く【遊び方】の関連記事

人気の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 
世界のどこにいても私らしく輝ける自分になる | ドイツ在住