世界のどこにいても私らしく輝ける自分になる | ドイツ在住

もしも、今、停滞感がはんぱないら、 〇〇が原因かもしれない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

こんにちは、中川チカです。

 

FullSizeRender 70

「もしも、今、停滞感がはんぱないら、  〇〇が原因かもしれない」という

タイトルをみて、ドキッとされたかもしれません。

 

わたしは、「停滞感」を過ごしていた時期があったので、

今日のテーマを書くことにしました。

 

さっそくですが、

〇〇にあてはまるのは、なんだと思いますか?

 

 

その答えは・・・

 

 

ズバリ 一人で考えすぎていること。

 

です。

 

自分の中に、いろいろん雑念、

情報、観念、想い、夢、

日々のこと

 

それらが、みんなごっちゃになって、

自分が、何をどうしたいのかが、

 

さっぱり見えなくなっている

そんな感じはありませんか?

 

こういう状況になる人というのは、

実は、意外で、

 

今まで、自分で自分の

人生を 切り開いてきた人。

 

だからこそ、

こういう状態におちいると、

 

なかなか、

長いトンネルに入り込んで

抜け出せない。

 

なぜか?

 

それは、過去に、

自分で切り抜けて きた経験があるから。

 

きっと、 時間が経てば、

あの時と 同じように、

 

出口が見える

はずだと思って、

 

今日も、

もやもやする気持ちを

かかえたまま

頑張っているかもしれない。

 

ドキッとした方は

もう少しだけ、

お付き合いください。

 

実は、これ、

今年の1月までの

わたしの状況、

そのものでした。

 

それまで、

自分の好きなこと、

やりたいこと、

みんな、選び、

叶えてきたと

思っていたけれど、

 

あるときから、

どうも、 長いトンネルに

入ってしまった時期が

ありました。

 

仕事もあるし、

理解してくれる

家族もいるし、

 

どちらも、

不平不満をもらしたら

バチがあたるほど、

恵まれている。

 

けれども、

わたしのほんとうに

歩みたい道は

他にもあるんじゃないか。

 

という心の声が

どうどうめぐり。

 

そのうち、

行動がへり、

 

自分に自信がなくなり、

いつの間にか

周囲の感じに

合わせている

自分がいました。

 

そして、 出る杭は打たれると

友達にあっても、

目立たないようにと、

 

自分の意見を

言わないようなる 始末。

 

さらに悪いことに、

その状況にいる時は、

マンホールに 落ちたみたいに、

 

世界がキュッと 小さく見え、

客観的に自分を 見ることができず、

 

だから、自分が そんな状態に

あることってすら、

気づけて いませんでした。

 

この停滞感から

脱出したきっかけは、

 

なんだったかというと・・・

 

実はあるコーチとの

体験コーチングでした。

 

なぜ受けようかと

思ったというと、

 

そのコーチとは、

タイに暮らしていたときから

の知り合いの方で、

 

Facebookの投稿を

見ていると その方が、

コーチングを学び、

 

自分の人生に

応用されているうちに、

 

圧倒的な速度で

変化されていくのを

 

目の当たりに したから。

 

それは、それは、

すごい輝いていらして、

 

その方が体験モニターを

募集すると聞いて、

即座に手をあげました(笑)

 

その時、 集中して、

家族ではない 誰かに

自分の考えを

打ち明けて いくうちに、

 

自分の思い込みや

自分の望む未来が

どんどん見えて

行きました。

 

もともと、

わたしは 人の話は聞くのが、

大好きで、 家族や友人の

悩みの解決の糸口を 見つけることに

喜びを感じていたのに、

 

自分のこととなると

なぜか、客観視するのが

むずかしくなるのが、

常かもしません。

 

1年前のわたしが、

一人で考えすぎて、

自分の望みが

はっきり描けなかったとき

 

長い停滞感とともに、

ワクワクする感じを

抱けなかったんですね。

 

なぜなら、

人は、自分のがやりたいこと

 

つまり、自分にとっての

「WANT」

 

言葉をかえると、

 

「何をしたいか?」 がないと

生きる楽しみを失って

しまうのです。

 

さらに、往々にして 人は、

真面目に 自分が、

本当に やってみたいこと、

実現してみたいことを

 

100パーセント明確に

なってからじゃないと

その目標に向けて

出発してはいけないと

思い込んでしまいがち。

 

でも、絶対にこれ

間違いなくこれ っていうのが

見つかるまで、

 

自分と向き合い 続けてたら、

考えるだけで

止まってしまったら、

 

1年前のわたしと

同じように

長い長いトンネルに

突入していきます。

 

コツは、 「仮でもいい」 ので

自分のWANTに沿った

目標を決めて

 

まずは、 出発してしまう

ことなんですね。

 

このあたりのことは、

またお話させて いただきますね^^

 

話を戻すと、

最初にお話したとおり、

 

この停滞感というのは、

本当に不思議で、

 

人生のある段階まで、

スルスルと自分の

やりたいことの答えが

自分でわかっていて、

 

自分で進んでいた

人ほど 陥りやすいのです。

 

自分で解決できる

 

自分で、また見つけられる

 

って思って、

 

自分のことなんだから、

人に聞いたって、

話したって しょうがないよね

 

答えなんて 出るはずないよね

みたいなあきらめも あって、

 

そのうち一人で 考え疲れて

いつの間にか

行動する気力を失っていく

 

だからこそ、 結局、

また一人で 頑張ろうと

しちゃう方に 届けたい!

 

もし、今あなたが、

これ、わたしの状態に

当てはまっているかもと 思ったら、

 

ぜひ、コーチングを受けてみて

ほしいと思います

 

わたしは、 その方との

4ヶ月に わたるコーチングが

きっかけで、

 

たくさんの 気づきをえて、

自分と向き合うことで

泣いたこともたくさんありましたが、

 

リフレッシュ した気持ちで、

たくさんの方に

協力していただきながら、

 

この1年、

周りがびっくり するくらいの速度で、

 

具体的には、 イタリア、

ブルガリア、 チュニジアへ

 

アロマセラピーの 精油の

原料を見に 行く旅をし、

 

大好きなドイツの

オーガニックコスメメーカ

数社に単独で取材に行き、

 

ドイツで、 アロマセラピーの講座を

開校し、 新しい仲間に出会い、

 

そして、こうして 好きな分野で

新たに起業することが できました。

 

そして、 今見えている景色は、

1年前の景色とは 全く違うものです。

 

そして、来年の目標に

向けて、ワクワクしながら、

 

着実に、 行動しています。

 

だからこそ、 今まで、

たくさんの 本を読まれたりして、

 

自分で目標を決めて

頑張ってやってきた方、

 

自分で、心の持ち方などを

気をつけてやってきた方 だけれども、

 

なぜか、今、

一歩が踏み出せなくて

もやもやしていて、

 

そんな状態が 続いている方にこそ、

誰かに、心の内をシェアしてほしいと思います。

 

一人で考えて

いたときよりも、

 

はるかに、

景色が見渡せる

ようになることを

 

実感していただけると

思います。

 

1年後、ワクワクした未来が訪れますように。

いつも応援しています^^

FullSizeRender 77

缶詰のパッケージがかわいくておもわず写真を撮りました^^

 

わたしが大切にしていることの関連記事

人気の記事

    まだデータがありません。

 
世界のどこにいても私らしく輝ける自分になる | ドイツ在住